特殊光源
ローズライト​の波長域について

​安全で最適な光源で
ヒゲやVIOなどの施術中の痛み、
脱毛後のヒリつきなどの肌トラブル

から解放します。

LED脱毛の波長比較.png

光脱毛の光は、脱毛とは関係のない光が多く含まれ火傷や痛み、眩しい(視力の低下)などのリスクが大きい。

脱毛の波長比較2.png

ローズライトの特殊光源は、赤外線領域を多く含んだ波長750nm〜1020nmの光で、肌表面の負担を最大限に減らし 肌内部に効果的な光を届けます。

IPL光脱毛の光はフィルターを通過した後のピークエネルギーが800nm付近ですが肉眼でも確認できる通り、フィルターを通過した後でも、580付近の黄色からオレンジ色の光が多く見られます。この光が美肌効果を生みますが、脱毛効果を高めると火傷リスクが高まり諸刃の剣と言えます。

目には見えない
プラチナビームローズライト​の
「目への影響」と安全性

脱毛の波長比較LED目の影響.png

光脱毛の脱毛器から発生する
可視光線(黄色やオレンジの光)は
​脱毛には不必要な光で非常に危険です。