新しい物語はすぐそこに。

先進の研究で

誕生した「脱毛機ローズライト」

光脱毛の光は、
もともと脱毛に向いていない

幅広い波長を持つIPL「光脱毛」は、
もともとシミやアザの治療に使われていた
美容治療法です。 

光脱毛は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を使って脱毛していきます。このIPLは、もともとフォトフェイシャルをもとにして作られているのです。フォトフェイシャルとは、美容皮膚科、エステサロンなどで受けられる、シミ、そばかす、ニキビ跡、毛穴を引き締める効果が得られるという美の治療法なのです

IPLの光には肌(表皮)を活性化・毛穴の引き締め・作用がある、言い換えれば、バルジ域や毛根をターゲットにしているのではなく肌表面のメラニン色素(黒い色素)だけでなくに表皮の周辺組織に熱が吸収されるという事です。

単純に言いえば、フォトフェイシャルをもとに作られている光脱毛(IPL)は、「ムダ毛を無くすこと」ではなく美肌効果が目的で、あくまでも、おまけで脱毛効果も期待できる!というニュアンスで理解しておくほうが正しい解釈です。

​光の波長とパルス幅の特性に基づいた熱の分布

ローズライト脱毛器.png
LED脱毛と光脱毛の比較効果.png
LED脱毛と光脱毛の比較.png

​プラチナビーム脱毛

(特殊光源ローズライト)

​光脱毛

​(キセノンライト)

光脱毛の光は可視光線に近い波長(550~1200mn)のキセノンフラッシュ光線を、特殊プリズムと光学フィルターで、脱毛に適した光調整していますが、光源の特性により肌表面のメラニンや周辺組織に熱が集中する。

ローズライトの光は赤外線域(750~1020mn)の波長のため、肌表面のメラニンや周辺組織に熱吸収され辛く、脱毛に必要なエネルギーを効率よく運ぶことができるため脱毛に向いている。

脱毛の施術による

刺激の感じ方の違い!

照射時の熱吸収の違い!

​光脱毛

​(キセノンライト)

光脱毛の刺激.png

痛みの感じ方は個人差も

ありますが、ゴムでパチンとはじいた

ような痛みを感じます。

プラチナビーム脱毛

​(特殊光源ローズライト)

LED脱毛の刺激.png

ハンドピースの接地面は冷たく

肌の深部は、まるでホットストーンで

マッサージを受けているような

心地よい暖かさの施術。

2000年代に入り「バルジ域」と呼ばれる部位に2つの

幹細胞(毛包幹細胞、色素幹細胞)が存在し、
そこから毛根部に移動して毛母細胞になり毛が生えることがわかってきました。プラチナビーム脱毛では、このバルジ領域を65℃前後の温度で温めて脱毛する方式なので刺激の感じ方が光脱毛とは全く異なります。

ローズライトハンドピース.png

ローズライトは肌の表面のメラニン
(黒い色素)や表皮に熱が集中しません。

(Rose Light)

肌の表面に
熱が集中しないメリット

ホクロ脱毛.jpg
光脱毛ホクロ.png

Men'sに多い乳首や乳輪周りも同じ出力で施術できる。

色素に反応させない脱毛法なので、乳首や乳輪の脱毛も痛みなく安全に施術することができます。

唇の上も火傷を気にせず照射できます

ヒゲ脱毛の際も痛みや火傷を気にせず連写での脱毛が可能なのでストレスなく施術が行えます。

ビーム脱毛ならホクロがあっても脱毛ができる。

毛根を包んでいる毛包に対して熱を与えて、バルジ領にはたらきかけて脱毛する方法なのでメラニン色素の有無に左右されないため、ホクロがある部位の脱毛も可能です。

光脱毛ではマスキングしないと脱毛できません。

ほくろは黒いメラニン色素を多く含んでおり、そのメラニンに光脱毛の光が反応してしまい、やけどなどのリスクが高まるためです。

LED脱毛乳首.png
LERD脱毛ヒゲ.jpg
LED脱毛VIO.png

VIO脱毛=女性の新識!

​粘膜部分の脱毛も安全に行えます。

むずかしいVIO脱毛も粘膜付近まですっきりツルツルに脱毛することが可能です。ローズライトでは毛が生えている部分は全て脱毛可能です。

LED脱毛VIO痛み.png

VIOでも痛みを伴わず脱毛することが可能。

痛みが強く感じやすいVIOゾーンの脱毛にも熱のアプローチ方法が違いますので安心して施術することができます。